北海道郷土料理 ちゃんちゃん焼き

2018年09月07日

調理時間
60分
栄養価 (1人分)
エネルギー     647kcal
たんぱく質     26.5g
脂質        19.1g
塩分        2.4g
※牛乳込の栄養価です。
牛乳        134kcal

鮭のちゃんちゃん焼き

材料 (4人分)
鮭          4切
塩          少々
こしょう       少々
キャベツ(短冊切り) 葉1枚
玉ねぎ(スライス)  1/10個
にんじん(せん切り) 1/5本
しめじ        1/5株
バター        20g
*タレ*
みそ         大さじ4
料理酒        大さじ3
砂糖         大さじ2
みりん        大さじ2
つくり方

①鮭に塩、こしょうを振り、下味をつけます。
②フライパンにバターを溶かし、玉ねぎ、にんじん、キャベツ、しめじの順でしんなりするまで炒めます。
③みそ、料理酒、砂糖、みりんを合わせ、タレをつくり、②のフライパンに入れ、野菜と合わせます。
④鮭の水気をキッチンペーパーで拭き、魚焼き器で焼きます。
⑤魚をお皿に盛り、③を上からかけて完成です。

ポイント

ちゃんちゃん焼きは、北海道を代表する郷土料理のひとつです。
北海道の家庭では、ホットプレートなどを用いて調理し、鍋のように家族で囲んで食べます。

かぼちゃ入り芋もち

材料 (4人分)
じゃがいも      2個
1/4切れかぼちゃ    1/2個
片栗粉        大さじ1.5
塩          小さじ1/6
揚げ油        適量
*タレ*
しょうゆ       大さじ1
砂糖         大さじ1
みりん        小さじ1/2
水          大さじ1
片栗粉        小さじ1      
つくり方

①じゃがいも、かぼちゃを適当な大きさに切り、蒸します。
②じゃがいも、かぼちゃがやわらかくなったら、熱いうちにつぶし、塩、片栗粉を入れ、よくこねます。
③よくこねたら、小判型に成型し、きつね色になるまで油で揚げます。
④しょうゆ、砂糖、みりん、水、片栗粉を鍋に入れます。ダマにならないようによく混ぜながら加熱し、タレをつくります。
⑤揚げた芋もちにタレをからめたら完成です。

ポイント

じゃがいもとかぼちゃは、粒がなくなるまでよくつぶし、よくこねると、よりもちもちした食感が楽しめます。
芋もちは、北海道ではじゃがいもでつくりますが、和歌山県や高知県ではさつま芋、岐阜県では里芋をつかって芋もちをつくります。

わかめの味噌汁

材料 (4人分)
長ねぎ(小口切り)  1/4本
にんじん(いちょう切り)1/3本
戻したわかめ     40g
じゃがいも      1/2個
ぶなしめじ      1/4株
水          500ml
かつお節       20g
みそ         大さじ3
つくり方

①水にかつお節を入れ、弱火にかける。沸騰直前で火を止め、ザルで濾してだしをとります。
②①のだしににんじん、じゃがいもを入れ、やわらかくなるまで煮ます。
③戻したわかめ、長ねぎ、ぶなしめじを入れ、ひと煮立ちさせます。
④火を止め、みそを溶いたら完成です。

ポイント

だしをとる時、沸騰させてしまうと、かつお節から雑味が出てしまう為、注意してください。
また、みそを溶いた後、グラグラ沸騰させてしまうと、みその風味が飛んでしまいます。

作っているのはこんな人

竹原 紀子
管理栄養士
東京都出身
1982年生まれ
AB型

普段は中学校給食の栄養士を担当しています。
みなさんが毎日食事を楽しんでいただけるように、栄養バランスの良い給食レシピを開発しています。
この給食レシピにはご自宅でも作れるレシピをいっぱい掲載しているので、ぜひ試してみてくださいね。