世界の料理 ~イタリア編~

2022年07月01日

調理時間
90分
栄養価 (1人分)
エネルギー 592kcal
たんぱく質 25.2g
脂質    21.1g
塩分    2.2g

ボンゴレ・ビアンコ

材料 (4人分)
〈麺〉
スパゲッティ   200g
オリーブ油    小さじ2
〈具〉
オリーブ油    小さじ2
唐辛子      少々
にんにく(みじん) 6g
ベーコン(短冊)  50g
玉ねぎ(スライス) 80g
キャベツ(短冊)  50g
塩        小さじ1/3
こしょう     少々
しょうゆ     小さじ1
冷凍あさり    60g
乾燥パセリ    少々
つくり方

①麺を茹で、水気を切りオリーブ油を絡めておきます。
②フライパンにオリーブ油をしき、唐辛子を炒めて辛味を出します。
③にんにくを炒めて、香りが出たらベーコン、玉ねぎ、キャベツを炒めていきます。
④火が通ったら、あさりを入れて炒め、調味料で味をつけます。
⑤具と①の麺を和えて完成です。

ポイント

ボンゴレ・ビアンコは、南イタリア発祥の「あさり」を使ったパスタです。名前のボンゴレを日本語に直すと、「貝」という意味で、ビアンコは「白」という意味になります。イタリアでは、あさりの他にはまぐり類などの二枚貝も使用します。

ビーンズサラダ

材料 (4人分)
ひよこ豆(水煮)   30g
大豆(水煮)     30g
キャベツ(短冊)   60g
きゅうり(輪切り)  50g
人参(千切り)    50g
〈ドレッシング〉
玉ねぎ(すりおろし) 15g
酢         小さじ1
砂糖        小さじ1
塩         小さじ1/3
こしょう      少々
サラダ油      小さじ1
つくり方

①ひよこ豆、大豆を茹で、流水で冷やし水気を切ります。
②野菜を茹で、流水で冷やし水気を切ります。
③ドレッシングは混ぜ合わせておきます。
④①の豆と②の野菜、③のドレッシングを混ぜ合わせて完成です。

ポイント

ひよこ豆は、たんぱく質が多く、脂質が少ない食材で、ダイエット中の方にもおすすめできる食材です。ただし、お肉などに比べると、糖質も多く含まれているため食べすぎには注意が必要です。また、食物繊維も豊富に含まれているため、おなかの調子を整える効果も期待できます。

ミネストローネ

材料 (4人分)
鶏ガラスープ    440ml
サラダ油      小さじ1
鶏こま       50g
人参(いちょう)   50g
玉ねぎ(スライス)  80g
じゃがいも(いちょう)60g
小松菜(2cm)    20g
トマトピューレ   小さじ4
トマトケチャップ  小さじ2
ウスターソース   小さじ1/3
赤ワイン      小さじ1
塩         小さじ1/3
こしょう      少々
つくり方

①鍋に油をしき、鶏こま、人参、玉ねぎを炒めます。
②鶏肉に火が通ったら、ガラスープを入れます。
③人参に火が通ったら、じゃがいもを入れ煮ていきます。
④じゃがいもが軟らかくなったら、調味料を入れて味をつけていきます。
⑤最後に小松菜を入れて、味を整えて完成です。

ポイント

ミネストローネは、「具だくさんスープ」という意味で、イタリアの野菜スープです。決まった具材などはなく、地域や家庭によって様々です。ミネストローネは、日本でいう「みそ汁」のような料理になります。また、今回は使用していませんが、最後にパセリを使うと彩りよく仕上がります。

作っているのはこんな人

竹原 紀子
管理栄養士
東京都出身
1982年生まれ
AB型

普段は中学校給食の栄養士を担当しています。
みなさんが毎日食事を楽しんでいただけるように、栄養バランスの良い給食レシピを開発しています。
この給食レシピにはご自宅でも作れるレシピをいっぱい掲載しているので、ぜひ試してみてくださいね。