肉じゃがをリメイク 肉じゃがコロッケ

2021年07月09日

調理時間
90分
栄養価 (1人分)
エネルギー 620kcal
たんぱく質 24.2g
脂質    22.3g
塩分    2.2g

ごはん、茎わかめのつくだ煮

材料 (4人分)
精白米    240g
麦      20g
水      310ml
*茎わかめのつくだ煮*
出汁     大さじ1
醤油     大さじ1
砂糖     小さじ1
みりん    小さじ1
生姜(おろし汁) 小さじ1/2
茎わかめ   24g
ごま     小さじ1
つくり方

*ごはん*
炊飯器に精白米、麦、水をいれ、ごはんを炊きます。
*茎わかめのつくだ煮*
①フライパンに出汁、醤油、砂糖、みりん、生姜汁を入れてひと煮立ちさせます。
②茎わかめを入れて、水分を飛ばすように炒めます。
③ごまを入れて、味を整えたら完成です。

ポイント

くきわかめではなく、わかめを使ってもおいしく作ることができます。

肉じゃがコロッケ

材料 (4人分)
油        大さじ1
玉葱(みじん)    1/4g
豚ひき肉      40g
人参(みじん)    1/4本
酒        大さじ1
しらたき(みじん)  12g
醤油       大さじ1
塩        小さじ1/2
砂糖       小さじ1
じゃがいも    2個
水煮大豆(みじん) 50g
*どろ*
小麦粉      大さじ3
水        大さじ6
生パン粉     16g
乾パン粉     16g
揚げ油      適量
つくり方

①鍋にお湯を沸かし、しらたきを下茹でしておきます。
②フライパンに油をひき、玉葱、豚ひき肉を炒めます。
③豚ひき肉に火が通ったら、人参を加え、さらに炒めます。
④しらたきを加えて、酒、醤油、塩、砂糖で味付けをします。
⑤耐熱ボールにじゃがいもをいれ、ラップをし、600Wで3分程度加熱します。加熱し、熱いうちにつぶしておきます。
⑥つぶしたじゃがいも、具、水煮大豆を混ぜ合わせます。
⑦⑥を4等分に分け、小判型に成形します。小麦粉を水で溶き、どろ、パン粉をつけます。
⑧鍋に油をいれ、170度にして5分程度揚げたら完成です。

ポイント

1から作らなくても、余った肉じゃがを使うことで簡単に作ることもできます。

きゅうりとイカの和え物

材料 (4人分)
きゅうり(半月)    1/2本
だいこん(いちょう)  1/6本
いか(短冊)      40g
*たれ*  
梅干し        1個
薄口しょうゆ     小さじ1
砂糖         小さじ1
おかか        2g
つくり方

①鍋にお湯を沸かし、きゅうり、だいこんを茹で、冷水にさらし、水気を切っておきます。
②鍋にお湯を沸かし、いかを茹で、冷ましておきます。
③たれを作ります。梅干しは、種を取り除き、みじんにします。鍋に薄口しょうゆ、砂糖、梅干しを入れ、よく加熱し、冷ましておきます。
④茹でたきゅうり、だいこん、いか、たれ、おかかを和えたら完成です。

ポイント

梅干しの酸味で、さっぱり食べることができます。

キャベツのみそ汁

材料 (4人分)
出汁       440ml
人参(いちょう)  1/4本
キャベツ(短冊)  1/8玉
生揚げ(色紙切り) 1/2個
えのき(1/3)    1/4個
みそ       大さじ2
ねぎ(小口)    1/8本
小松菜(2cm)   1/4束
つくり方

①鍋にお湯を沸かし、小松菜をゆで、冷水にさらし、水気を切っておきます。
②鍋に出汁をいれ、人参を加え加熱します。
③人参に火が通ったら、キャベツ、生揚げ、えのきを加え、さらに加熱します。
④みそを溶き、味付けをしたら、ねぎと①の小松菜をいれ加熱し、味を整えたら完成です。

ポイント

小松菜は変色を止めるために、冷水にさらし、冷やしておくと、色鮮やかに仕上げることができます。加熱しすぎると、茶色っぽくなるので注意してください。

作っているのはこんな人

竹原 紀子
管理栄養士
東京都出身
1982年生まれ
AB型

普段は中学校給食の栄養士を担当しています。
みなさんが毎日食事を楽しんでいただけるように、栄養バランスの良い給食レシピを開発しています。
この給食レシピにはご自宅でも作れるレシピをいっぱい掲載しているので、ぜひ試してみてくださいね。