山梨郷土料理 ほうとう風うどん せいだのたまじ

2019年08月24日

調理時間
45分
栄養価 (1人分)
エネルギー   525kcal
たんぱく質   26.0g
脂質      18.2g
塩分      2.4g

ほうとう風うどん

材料 (4人分)
冷凍うどん      400g
だし汁        500ml
豚小間肉       50g
人参(いちょう)   30g
大根(いちょう)   60g
かぼちゃ(厚いちょう)60g
白菜(短冊)     50g
しめじ(小房)    20g
葱(小口)      20g
油揚げ(短冊)    1枚
白味噌        大さじ3.5
つくり方

①うどんを沸騰したお湯で下湯でします。
②だし汁に豚肉、人参、大根をいれ、あくを取りながら煮ます。
③人参、大根がやわらかく煮えたら、かぼちゃ、白菜、しめじ、油揚げをいれ、少し煮ます。
④下湯でしたうどんをいれ、白味噌を溶き入れ、さらに葱を入れたら完成です。

ポイント

手軽に作れるように、冷凍うどんを使用しました。
生ほうとう麺で作る場合、麺の下茹ではしなくても大丈夫ですが、麺を入れるときは、ほぐしながら入れましょう。

鮭の塩焼き

材料 (4人分)
鮭(40g)   4切れ
塩       0.4g
つくり方

①鮭に塩をふりかけ、すりこむようにつけ、冷蔵庫で30分置きます。
②180℃のオーブンで10~15分焼いて完成です。

ポイント

鮭を選ぶときには、できるだけ身が厚く、色がくすんでいない、そしてドリップ(パックの中にたまった水)が少ないものを選ぶのがコツです。

せいだのたまじ

材料 (4人分)
じゃがいも(乱切り) 3個
揚げ油        適量
砂糖         大さじ1
赤味噌        大さじ1
酒          小さじ1
つくり方

①じゃがいもを180℃の油でかりっとするまで揚げます。
②砂糖、赤味噌、酒を混ぜ合わせ、加熱し、たれを作ります。
③揚がったじゃがいもと、②のたれを絡ませて完成です。

ポイント

せいだのたまじとは、山梨県上野原市の棡原(ゆずりはら)地区で伝統的に食されている郷土料理で、じゃがいもを甘い味噌で味付けをしたものです。
みその甘辛い味がほくほくのじゃがいもと絡んで、子供から大人に人気な1品です。

小松菜の和え物

材料 (4人分)
小松菜(2cm)  1束
もやし      120g
人参(千切り)  20g
白ごま      8g
濃口しょうゆ   小さじ2
つくり方

①小松菜、もやし、人参をそれぞれ茹で、流水で冷やし、水気をよく搾ります。
②白ごま、濃口しょうゆを和えて完成です。

ポイント

和え物にごまが加わることで一気に風味がアップします。
また、ごまは、乾煎りすることで、香りが強くなります。

作っているのはこんな人

竹原 紀子
管理栄養士
東京都出身
1982年生まれ
AB型

普段は中学校給食の栄養士を担当しています。
みなさんが毎日食事を楽しんでいただけるように、栄養バランスの良い給食レシピを開発しています。
この給食レシピにはご自宅でも作れるレシピをいっぱい掲載しているので、ぜひ試してみてくださいね。