沖縄県郷土料理 クファジューシー

2019年07月19日

調理時間
60分
栄養価 (1人分)
エネルギー   599kcal
たんぱく質   26.1g
脂質      16.4g
塩分      2.7g

クファジューシー

材料 (4人分)
精白米       1.5合
麦         25g
*具*
しょうが(すりおろし)4g
豚肉(千切り)   60g
椎茸(スライス)  2個
人参(千切り)     1/4本
細切り昆布     1/4g
だし汁       250ml
しょうゆ      大さじ1
みりん       小さじ1
砂糖        小さじ1/2
酒         小さじ1
小ねぎ       少々
つくり方

①こねぎはさっと湯通ししておきます。
②しょうがを炒め、香りが出たら肉をいためます。
③肉の色が変わったら、にんじん、しいたけ、こんぶをさっと炒めてだし汁を加えます。
④具ができたら、米とまぜて炊飯します。
⑤できたごはんをよくまぜ、最後にこねぎを散らして完成です。

ポイント

普段の食事や季節の行事にも食べられる、肉や野菜の入った沖縄の炊き込みご飯です。沖縄の言葉で「クファ」は「固い」、「ジューシー」は「雑炊」を意味するため、昔は固めの雑炊だったそうです。

ゴーヤチャンプルー

材料 (4人分)
油         大さじ1
豚こま       3g
椎茸(スライス)  40g
人参(短冊)    1/3本
キャベツ(短冊)  1/4個
もやし       80g
ゴーヤ(半月)   1/3本
木綿豆腐(角切り) 200g
卵         60g
ねぎ         1/4本
さとう       大さじ1
酒         小さじ2
しょうゆ      大さじ3
オイスターソース  大さじ2
塩         少々
こしょう      少々
ごま油       大さじ1
つくり方

①卵はよく撹拌しておきます。
②豆腐はさっとゆでておきます。
③油をひき、肉を炒めます。
④しいたけ、人参、ゴーヤ、もやし、キャベツをいため、調味料をいれてさらにいためます。
⑤茹でた豆腐を入れて、卵を入れて炒めます。
⑥卵に火が入ったら、味をみて完成です。

ポイント

「チャンプルー」とは沖縄の言葉で「ごちゃまぜ」という意味があります。もやしを使ってもおいしいです。もやしは「マーミナー」というので、マーミナーチャンプルと呼ばれます。

冬瓜汁

材料 (4人分)
出汁         600g
豚こま        20g
人参(いちょう切り)   1/5本
冬瓜(いちょう切り)   1/3個
こんにゃく(色紙切り)  1/3個   
しょうゆ       大さじ3
塩          少々
酒          小さじ2
ねぎ         1/5本
でん粉         大さじ2
小松菜(2cm)    1束    
ごま油         小さじ1
つくり方

①小松菜は下茹でしておきます。
②出汁に肉を入れて、火にかけます。
③火が通ったら、人参、こんにゃくを入れ、冬瓜をいれます。
④しょうゆ、酒、塩で味をつけます。
⑤でん粉を水で溶き、流しいれます。
⑥小松菜を入れて、ごま油を入れたら完成です。

ポイント

冬瓜は冬と書きますが、7月~9月の夏が旬です。
冬瓜自体にあまり味がないので、出汁を濃いめにするとおいしいです。

作っているのはこんな人

竹原 紀子
管理栄養士
東京都出身
1982年生まれ
AB型

普段は中学校給食の栄養士を担当しています。
みなさんが毎日食事を楽しんでいただけるように、栄養バランスの良い給食レシピを開発しています。
この給食レシピにはご自宅でも作れるレシピをいっぱい掲載しているので、ぜひ試してみてくださいね。