美しく生きる東京天竜

MENU

HOME給食レシピ大豆製品をふんだんに使いました

大豆製品をふんだんに使いました

未分類

今日の献立

ごはん 大豆コロッケ キャベツと小松菜の辛子和え きのこのみそ汁 牛乳

調理時間

60分

栄養価 (1人分)

エネルギー 796kcal タンパク質 28.2g 脂質    28.8g 塩分    2.1g

大豆コロッケ

材料 (4人分)

大豆水煮(みじん) 60g じゃがいも(つぶす)200g 油         大さじ1 豚挽肉       40g 酒         大さじ1 玉葱(みじん)   70g 人参(みじん)   30g 干しひじき     1g おから       30g 三温糖       小さじ1 本みりん      小さじ1 小麦粉       20g 水         20g 乾燥パン粉     30g 油         適宜 中濃ソース     適宜

作り方

①じゃがいもは蒸して柔らかくします。その後お好みでつぶします。ひじきはさっと洗い、ぬるま湯で戻しておきます。
②フライパンに油をしいて、豚挽肉を炒めます。お肉に火が通ったら、玉葱、人参、干しひじきを加えて炒めます。野菜に火が通ったら、おから調味料を加えてタネを完成させます。
③①のじゃがいもと②を混ぜ合わせて、平たい容器に移し、粗熱をとります。粗熱が取れたら、小判型に成形します。
④③を小麦粉と水で作ったドロにつけて、パン粉をまぶし、180°に温めておいた油で揚げます。
⑤最後にお好みで中濃ソースをかけて完成です。

ポイント

コロッケを揚げているときに破裂してしまう原因は、しっかりと粗熱を取りきれないからです。
熱いうちに成形をして、衣をつけて揚げてしまうと、揚げているときにタネの中で水蒸気が発生して、圧力が高まり衣を突き破ってしまいます。
その為、タネを小判型に整える前にしっかりと粗熱をとりましょう!

キャベツと小松菜の辛子和え

材料 (4人分)

人参(千切り)  30g キャベツ(細短冊)90g 小松菜(3cm)  100g もやし      80g     三温糖      小さじ1 醤油       大さじ1 粉からし     少々 白いりごま    小さじ1

作り方

①タレは小鍋で加熱します。その後粗熱をとり、冷蔵庫で冷やします。白いりごまはフライパンで煎り、香りを出します。
②野菜は茹でて、水冷します。その後冷蔵庫で冷やします。
③食べる直前に①②をあえて完成です。

ポイント

小松菜にはカルシウムが豊富に含まれています。カルシウムは骨を丈夫にする効果があり、骨粗鬆症を予防します。またビタミンKと一緒に摂取すると、取り込まれたカルシウムが体外へ排出するのを防いでくれる為、今回の献立にアーモンドなどをプラスしてみると良いですね。

きのこのみそ汁

材料 (4人分)

かつおだし      600ml 鶏こま        40g ぶなしめじ(小房分け)10g えのき茸(1/3)    10g  干し椎茸(スライス)4個 白菜(短冊)     60g 油あげ(短冊)    30g 木綿豆腐(さいの目) 30g 赤味噌        大さじ1 白味噌        大さじ1 小ネギ(小口切り)  20g

作り方

①だし汁を沸騰させて、鶏こまを入れます。お肉に火が通ったら、ぶなしめじ〜油あげまで入れて加熱します。再沸騰したら、木綿豆腐を入れます。
②木綿豆腐に火が通ったら味噌を溶いて加えます。最後に小ネギを入れて完成です。

ポイント

干し椎茸にはビタミンDが豊富に含まれています。この干し椎茸に含まれているビタミンDは、椎茸を天日干ししていると増えます。お家で生の椎茸を買った際には、ベランダなどで30分ほど日の光に当ててから使用してみても良いですね。