魚介の旨味が満点 海鮮塩焼きそば

2021年09月03日

調理時間
90分
栄養価 (1人分)
エネルギー 588kcal
たんぱく質 25.8g
脂質    18.5g
塩分    2.5g

海鮮塩焼きそば

材料 (4人分)
サラダ油      小さじ2
蒸し中華めん    400g
サラダ油      小さじ1
イカ短冊(冷凍)   60g
あさり(冷凍)    40g
豚こま       60g
干し椎茸(スライス) 2g
人参(短冊)     30g
玉ねぎ(スライス)  80g
もやし       80g
キャベツ(短冊)   60g
小松菜(2cm)    60g
長ねぎ(斜め切り)  20g
酒         小さじ2
オイスターソース  小さじ1/3
塩         小さじ1/2
こしょう      少々
しょうゆ      小さじ1/3
ごま油       小さじ1/2
つくり方

①干し椎茸は水で戻しておきます。
②フライパンに油をしき、中華めんを炒めます。
③フライパンに油をしき、豚こま、イカ、あさりを炒めていき、豚こまに火が通ったら小松菜以外の野菜を炒めていきます。
④野菜に火が通ったら、小松菜を加え、さらに炒めていきます。
⑤②で炒めた中華めんを加え、調味料で味を付けていきます。
⑥仕上げにごま油を入れて完成です。

ポイント

給食では、イカとあさりを使用しましたが、この他にもエビなどを使用しても美味しいです。

青のり粉ふき芋

材料 (4人分)
じゃが芋(いちょう) 300g
青のり       小さじ1
塩         小さじ1/4
こしょう      少々
白ごま(すり)    小さじ2
つくり方

①じゃが芋は蒸します。
②蒸したじゃがいもと青のり、塩、こしょう、白ごまを和えて完成です。

ポイント

じゃがいもには、様々な種類がありますが粉ふき芋を作る場合には男爵芋がおすすめです。他にも、男爵芋を使用する場合にはフライドポテトやコロッケなどが向いています。逆に、男爵芋は煮崩れしやすい特徴がありますので、煮物などには向いていません。

卵入り中華スープ

材料 (4人分)
鶏がらスープ  400ml
人参(いちょう) 20g
長ねぎ(小口)  60g
小松菜(2cm)  20g
塩       小さじ1/4
こしょう    少々
しょうゆ    小さじ1/2
ワンタンの皮  60g
卵       2個
つくり方

①鶏がらスープに人参をいれて煮ます。
②人参がやわらかくなってきたらねぎとワンタンの皮を入れます。
③調味料を入れて、味付けをします。
④卵は割って、溶き卵にしておきます。
⑤スープを沸騰させ、かき混ぜながら卵を少しずつ流し入れます。
⑥最後に小松菜を加え、味を整えて完成です。

ポイント

ワンタンの皮を入れることで、スープにとろみがつき、モチモチとした食感が楽しめます。また、ワンタンの皮で具材を包んだりしないので、余った皮などを使用して手軽にできるので、ぜひ試してみてください。

作っているのはこんな人

竹原 紀子
管理栄養士
東京都出身
1982年生まれ
AB型

普段は中学校給食の栄養士を担当しています。
みなさんが毎日食事を楽しんでいただけるように、栄養バランスの良い給食レシピを開発しています。
この給食レシピにはご自宅でも作れるレシピをいっぱい掲載しているので、ぜひ試してみてくださいね。