鉄分豊富!レバーと大豆のカレー揚げ

2021年08月06日

調理時間
90分
栄養価 (1人分)
エネルギー 646kcal
たんぱく質 25.4g
脂質    21.8g
塩分    2.3g

ベーコンとコーンのピラフ

材料 (4人分)
サラダ油      小さじ1/2
オリーブ油     小さじ1
精白米       220g
粒麦        20g
水         360ml
サラダ油      小さじ1/2
ベーコン(短冊切り) 20g
玉ねぎ(みじん切り) 60g
人参(みじん切り)  30g
ピーマン(色紙切り) 10g
ホールコーン(冷凍) 40g
塩         小さじ1/3
こしょう      少々
しょうゆ      小さじ1/3
つくり方

①精白米を研ぎ、粒麦をさっと洗い、分量の水とサラダ油、オリーブ油と一緒に炊きます。
②フライパンにサラダ油をしき、ベーコン、玉ねぎ、人参を炒め、さらにホールコーンを加えていきます。
③具材に火が通ったら、ピーマンを加えてさらに炒めていきます。
④①の炊けたご飯を入れ、塩、こしょう、しょうゆで味付けし、さっと炒めて完成です。

ポイント

給食では、サラダ油とオリーブ油を加えてご飯を炊きましたが、サラダ油の代わりにバターを加えることでバターの風味が加わってさらに美味しく仕上がります。

レバーと大豆のカレー揚げ

材料 (4人分)
豚レバー(一口大)  120g
おろし生姜     1/2かけ
しょうゆ      小さじ2
酒         小さじ1
本みりん      小さじ1/3
でん粉       小さじ4
小麦粉       大さじ1
カレー粉      小さじ1
大豆(水煮)     10g
でん粉       小さじ1
揚げ油       適量
つくり方

①豚レバーにおろし生姜、しょうゆ、酒、本みりんをよく揉みこみ、30分ほどつけておきます。
②①の豚レバーにでん粉、小麦粉、カレー粉を合わせた粉をまぶして、180℃の油で揚げます。
③大豆にでん粉をまぶして、180℃の油で揚げます。
④揚げたレバーと大豆を混ぜ合わせて完成です。

ポイント

レバーには鉄分をはじめ、ビタミン類や亜鉛などのミネラル類が豊富に含まれ、脂質が少なくたんぱく質が多いのが特徴的な食材です。しかし、レバーを食べすぎるとビタミンAの過剰症になる恐れがあるためレバーの食べすぎには注意が必要です。

アーモンドポテトサラダ

材料 (4人分)
じゃが芋(いちょう) 1個
人参(いちょう)   25g
きゅうり(輪切り)  40g
玉ねぎ(角切り)   10g
ホールコーン(冷凍) 30g
アーモンド(16割)  10g
〈ドレッシング〉
サラダ油      小さじ2
酢         小さじ1
塩         小さじ1/4
こしょう      少々
三温糖       小さじ1/2
つくり方

①野菜とコーンを茹で、流水で冷やし水気を切ります。
②ドレッシングの調味料を混ぜ合わせておきます。
③①の野菜とドレッシングとアーモンドを混ぜ合わせて完成です。

ポイント

アーモンドは、乾煎りをしておくと風味が際立ちます。また、今回は16割のアーモンドを使用しましたが、アーモンドスライスなどでも代用できます。

たまごとキャベツのスープ

材料 (4人分)
鶏がらスープ    440ml
玉ねぎ(スライス)  60g
キャベツ(短冊切り) 80g
小松菜(2cm)    40g
絹ごし豆腐(角切り) 100g
たまご       2個
塩         小さじ1/3
こしょう      少々
しょうゆ      小さじ1
酒         小さじ1
でん粉       小さじ1
水(でん粉用)    大さじ1/2
つくり方

①鶏がらスープに玉ねぎ、キャベツを入れて煮ます。
②玉ねぎに火が通ったら、絹ごし豆腐を入れて煮ます。豆腐を入れたら、火を弱め、長時間沸騰させないように気をつけます。
③調味料を入れて、味付けをします。
④でん粉を水で溶き、混ぜながら加え、とろみをつけます。
⑤卵は割って、溶き卵にしておきます。
⑥スープを沸騰させ、かき混ぜながら卵を少しずつ流し入れます。
⑦最後に小松菜を加え、味を整えて完成です。

ポイント

卵を流し入れる際は、でん粉でしっかりとろみをつけ、スープを少し煮立てたところに少しずつ入れることで、ふんわりときれいな卵に仕上がります。

作っているのはこんな人

竹原 紀子
管理栄養士
東京都出身
1982年生まれ
AB型

普段は中学校給食の栄養士を担当しています。
みなさんが毎日食事を楽しんでいただけるように、栄養バランスの良い給食レシピを開発しています。
この給食レシピにはご自宅でも作れるレシピをいっぱい掲載しているので、ぜひ試してみてくださいね。