新潟のB級グルメ!タレカツ丼

2020年09月25日

調理時間
120分
栄養価 (1人分)
エネルギー 585kcal
たんぱく質 22.5g
脂質    14.7g
塩分    2.2g

タレカツ丼

材料 (4人分)
精白米    240g
水      310g
<カツ>
豚もも肉   4枚
塩      1g
こしょう   少々
たまご    1個
小麦粉    適量
パン粉    適量
揚げ油    適量
<タレ>
みりん    大さじ1
酒      小さじ1
しょうゆ   大さじ1
和風だしの素 小さじ1/2
水      大さじ3
ざらめ    小さじ1
つくり方

①ごはんを炊きます。
②豚もも肉を叩いて薄くしたら、塩・こしょうで下味をつけます。
③たまご・小麦粉・パン粉の順で衣をつけて、油で揚げます。
④タレを作ります。タレの調味料をすべて鍋に入れ、アルコールを飛ばすようにひと煮立ちさせます。
⑤タレをカツに染みこませたら、ごはんに乗せて完成です。

ポイント

カツはさらさらのタレにくぐらせるようにしたいので、加熱しすぎないように気を付けましょう。ざらめがない場合は砂糖でも代用できます。
ご当地グルメのカツ丼は各地にありますが、タレカツ丼はシンプルであっさりとしていてオススメです。

にんじんのじゃこ和え

材料 (4人分)
にんじん  1/4本
きゅうり  1/2本
キャベツ  2枚
もやし   1/3袋
じゃこ   20g
<タレ>
しょうが  小さじ1/3
しょうゆ  小さじ1
酒     小さじ1/2
みりん   小さじ1/2
酢     小さじ1/2
つくり方

①にんじんときゅうりはせん切り、キャベツは短冊に切ります。
②すべての野菜を茹でて冷水にさらし、水気をよく切りましょう。
③じゃこはフライパンでカリカリになるまで煎ります。
④しょうがはすりおろして汁のみ使います。
⑤タレの調味料をすべて鍋に入れ、加熱します。しょうが汁は香りが飛んでしまわないように最後に入れましょう。
⑥タレをよく冷やしたら、野菜と和えて完成です。

ポイント

じゃこはカリカリに煎ると食感も楽しめます。小魚はなかなか献立に取り入れずらい食材だと思いますが、和え物やサラダに入れると食べやすく、簡単にカルシウムを摂ることができます。

のっぺい汁

材料 (4人分)
サラダ油   適量
ごぼう    4㎝
しいたけ   1個
にんじん   1/4本
板こんにゃく 1/2枚
水      400㎖
和風だしの素 適量
さといも   2個
塩      小さじ1/3
薄口しょうゆ 小さじ1
ねぎ     1/4本
つくり方

①ごぼうは斜め半月、しいたけはスライス、にんじんと里芋はいちょう、板こんにゃくは色紙切り、ねぎは小口に切っておきます。
②鍋に油をしき、ごぼう・しいたけ・にんじん・板こんにゃくを炒めていきます。
③水と和風だしの素を入れます。里芋も入れてよく煮ます。
④野菜に火が通ったら、塩と薄口しょうゆで味をつけます。
⑤最後にねぎをい入れて完成です。

ポイント

ごぼうからアクが出るので、煮ている時にしっかりアクを取りましょう。

作っているのはこんな人

竹原 紀子
管理栄養士
東京都出身
1982年生まれ
AB型

普段は中学校給食の栄養士を担当しています。
みなさんが毎日食事を楽しんでいただけるように、栄養バランスの良い給食レシピを開発しています。
この給食レシピにはご自宅でも作れるレシピをいっぱい掲載しているので、ぜひ試してみてくださいね。