韓国料理 プルコギ丼

2019年10月11日

調理時間
50分
栄養価 (1人分)
【小学校献立】
エネルギー 695 kcal
たんぱく質  29.7g
脂質    21.3g
塩分     3.3g

プルコギ丼

材料 (4人分)
精白米   1.5合
粒麦    25g
酒     大さじ1
水     290ml
*具*
サラダ油  小さじ2
豚こま肉  150g
*下味*
みりん    小さじ1
醤油     小さじ1
玉葱(1/2スライス)120g
人参(千切)  20g
もやし    100g
緑豆春雨    20g
にら(2cm) 20g
*合わせ調味料*
玉葱(おろし)   20g
りんご(おろし)  20g
生姜(みじん)   2g
にんにく(みじん) 2g
醤油        大さじ1.5      
みりん       小さじ1
オイスターソース  小さじ1
砂糖        小さじ1
ごま油       小さじ1/2
白ごま       小さじ1
つくり方

①精白米と粒麦を研ぎ、酒と水を加え、炊飯器で炊きます。
②具を作ります。豚肉にみりん、醤油をもみこみ、下味をつけます。緑豆春雨は戻して5㎝に切ります。
③合わせ調味料の、玉葱、りんご、生姜、にんにく、醤油、みりん、オイスターソース、砂糖、ごま油、白ごまを合わせ混ぜておきます。
④フライパンにサラダ油をしき、②の豚肉を炒めます。
⑤玉葱、人参を順に炒めていきます。
⑥もやし、戻した緑豆春雨、にらを加え、さらに炒め、③の合わせた調味料を加え、味をつけ、野菜がしんなりしたら火を止めます。
⑦炊けたご飯の上に、⑥の具を乗せ、完成です。

ポイント

プルコギとは、たれに漬け込んだ薄切りの牛肉や野菜を、鉄鍋や鉄板で焼く韓国料理のことです。
給食では、豚肉で作ります。ごはんが進む一品です。

きのこのピリ辛あえ

材料 (4人分)
小松菜(2㎝)    60g
もやし      120g
しめじ(子房)   20g
えのきたけ(1/3)  20g
ハム(短冊)    12g
*たれ*
酒        小さじ1
醤油       小さじ2
砂糖       小さじ1/2
塩        少々
ラー油      少々
生姜しぼり汁   小さじ1/3
つくり方

①たれを作ります。たれの酒、醤油、砂糖、塩、ラー油、生姜しぼり汁を小鍋に入れ、沸騰させたら冷蔵庫で冷やしておきます。
②小松菜、もやし、しめじ、えのきたけ、ハムをそれぞれ茹で、流水で冷やし、水気をよく絞ります。
③①のたれと②の野菜を合わせ混ぜ、完成です。

ポイント

生姜が効いていてさっぱりとしています。
ラー油の量で辛さ調節してください。

わかめとたまごのスープ

材料 (4人分)
鶏がらスープ   540ml
人参(いちょう)  20g
玉葱(1/2スライス) 40g
木綿豆腐     1/2丁
酒        小さじ2
塩        小さじ1/2
薄口醤油     小さじ2
こしょう     少々
片栗粉      小さじ2
卵        1/2個
ねぎ       10g
乾燥わかめ    1g
ごま油      小さじ1
白ごま      小さじ1
つくり方

①鍋に鶏がらスープ、人参、大根、玉葱を入れ、柔らかくなるまで煮ます。
②木綿豆腐、酒、塩、薄口醤油、こしょうを加えます。
③水溶き片栗粉を加え、とろみをつけます。
④溶き卵を少しずつ混ぜながら加えていきます。
⑤ねぎ、乾燥わかめ、ごま油、白煎りごまを加え、完成です。

ポイント

白ごまは、フライパンで少し乾煎りすると、香りが強くなり、さらにおいしくなります。

作っているのはこんな人

竹原 紀子
管理栄養士
東京都出身
1982年生まれ
AB型

普段は中学校給食の栄養士を担当しています。
みなさんが毎日食事を楽しんでいただけるように、栄養バランスの良い給食レシピを開発しています。
この給食レシピにはご自宅でも作れるレシピをいっぱい掲載しているので、ぜひ試してみてくださいね。