やみつき!ポリポリ大豆

2019年03月08日

調理時間
50分
栄養価 (1人分)
エネルギー   623kcal
たんぱく質   27.9g
脂質      21.9g
塩分      2.4g

ポリポリ大豆

材料 (4人分)
大豆(乾燥)    30g
片栗粉       適量
揚げ油       適量
塩         少々
つくり方

①大豆を水に浸し、一晩漬けておきます。
②鍋に①を入れ、火にかけて沸騰させます。
③沸騰したら弱火にし、水を足しながら煮ます。
④大豆の中まで火が通り、すこし固めに煮えたら、ざるにあけます。
⑤揚げ油を160℃に温めたら、水気を切った大豆に片栗粉をまとわせ、揚げます。
⑥大豆の周りがカリッとするまで揚げたら、油を切ります。
⑦塩をふり、軽く混ぜたらできあがりです。

ポイント

大豆を挙げている最中、大豆同士がくっつかないようにやさしくかきまぜてください。
青海苔をプラスしてふりかけてもおいしいです。

鮭の南部焼き

材料 (4人分)
鮭(50g)      4切
酒          大さじ1
しょうゆ       大さじ1
塩          少々
白すりゴマ      大さじ1
黒ゴマ        小さじ1
つくり方

①鮭に、酒、しょうゆ、塩をふり、冷蔵庫に1時間入れて下味をつけます。
②白すりゴマ、黒ゴマをつけたら、オーブンシートを敷いた鉄板に並べる。
③170℃のオーブンで10分焼き、中まで火が通ったらできあがりです。

ポイント

南部焼きは、昔、南部地方(現在の青森県周辺)がゴマの名産地であったことからついた名前です。
フライパンで魚を焼く場合は、ゴマが焦げないように、弱火で焼いてください。

こんにゃくの和え物

材料 (4人分)
つきこんにゃく  50g
水        100ml
しょうゆ     小さじ1
みりん      小さじ1
人参(千切り)  1/3本
もやし      1/2袋
小松菜(2cm長さ)1/2株
*タレ*
ごま油       大さじ1
しょうゆ      大さじ1
砂糖        小さじ2/3
酢         小さじ1
からし       少々
つくり方

①フライパンに、こんにゃく、水、しょうゆ、みりんを入れ、沸騰するまで弱火で煮ます。
②煮えたら火を止め、粗熱がとれたら、汁ごと冷蔵庫で冷やします。
③別の鍋に分量外の水を沸かし、にんじん、もやし、小松菜を茹でます。
④野菜がやわらかくなったらザルにあけ、冷水で冷やします。
⑤野菜をよく絞って水気をきり、ボウルに移します。
⑥②のこんにゃくが冷えたら、煮汁を切ります。
⑦タレの材料を全て混ぜ、⑥のこんにゃく、⑤の野菜と和えたらできあがりです。

ポイント

冷えるときに味が染み込む為、こんにゃくを煮た汁は捨てずに、こんにゃくと一緒に冷やしてください。
こんにゃくにしっかり下味をつけることで、臭みが和らぎます。


作っているのはこんな人

竹原 紀子
管理栄養士
東京都出身
1982年生まれ
AB型

普段は中学校給食の栄養士を担当しています。
みなさんが毎日食事を楽しんでいただけるように、栄養バランスの良い給食レシピを開発しています。
この給食レシピにはご自宅でも作れるレシピをいっぱい掲載しているので、ぜひ試してみてくださいね。