さつまいもと栗おこわ

2018年02月09日

調理時間
60分
栄養価 (1人分)
【中学校献立】
エネルギー     778kca
lたんぱく質     28.1g
脂質        15.0g
塩分        2.6g

さつまいもと栗おこわ

材料 (4人分)
精白米        1合
もち米        1合
栗の甘露煮(1/4等分)40g
さつまいも(角切り) 80g
いりごま    小さじ1
塩       小さじ1/3
つくり方

準備:もち米を浸水させます。
①もち米と精白米、水を入れます。
②栗の甘露煮、さつまいもを上に乗せて炊飯します。
③フライパンでいり胡麻を炒り、水で溶いた塩を入れてカラカラになるまで炒めます。
炊けたおこわの上にかけて完成です。

ポイント

さつまいもと栗には、食物繊維やビタミンCが多く含まれており、風邪予防や整腸作用の効果があります。この食材に含まれているビタミンCは加熱をしても壊れにくいです。

鰆の柚子みそ焼き

材料 (4人分)
鰆(50g)    4切れ
酒(下味)    小さじ1
塩(下味)    少々
しょうが汁(下味)小さじ1/3
*タレ*
白みそ      大さじ1.5
みりん      大さじ1/2
三温糖      小さじ1
柚子の皮(すりおろし)少々
つくり方

①鰆に酒、塩、しょうがのしぼり汁で下味をつけます。
②グリルで①を焼きます。
③小鍋に白みそ、みりん、三温糖を入れて加熱し、柚子を混ぜて、焼き上がった鰆にかけます。

ポイント

鰆は、関東では12月から2月が旬です。関西では、3月から5月が旬です。鰆は、イワシや秋刀魚を餌とする為、生活習慣病の予防効果があるDHAやEPAなど必須脂肪酸が豊富に含まれています。

小松菜としらす和え

材料 (4人分)
小松菜(2cm)  3株
人参(千切り)   80g
茎わかめ      20g
もやし       120g
きゃべつ(千切り) 160g
しらす干し     5g
かつお節      少々
*タレ*
醤油        小さじ2
みりん       小さじ2
つくり方

①野菜はそれぞれ茹でて冷やしておきます。
②しらすは乾煎りします。
③小鍋に醤油とみりんを入れて一度煮立たせ、野菜、茎わかめ、しらす、かつお節と和えます。

ポイント

小松菜やしらすにはカルシウムが多く含まれています。

おしるこ

材料 (4人分)
小豆      75g
上白糖     25g
塩       少々
白玉団子(冷凍)20個
つくり方

①鍋に小豆を入れてたっぷりの水で煮ます。沸騰したら火を止めて20分蒸らします。
②煮汁を捨てる。再びたっぷりの水をいれて沸騰させたら、弱火で1時間ほど軟らかくなるまで煮ます。
③20分ほど蒸らしてから上白糖をいれて、強火でねっとりするまで混ぜながら加熱します。
④冷凍の白玉は茹でて、あんこをかけます。

ポイント

小豆には、疲労回復効果があるビタミンB1が豊富に含まれています。お餅やご飯に含まれるでんぷんの代謝を上げてエネルギーに変えます。

作っているのはこんな人

竹原 紀子
管理栄養士
東京都出身
1982年生まれ
AB型

普段は中学校給食の栄養士を担当しています。
みなさんが毎日食事を楽しんでいただけるように、栄養バランスの良い給食レシピを開発しています。
この給食レシピにはご自宅でも作れるレシピをいっぱい掲載しているので、ぜひ試してみてくださいね。