北海道メニュー

2017年12月01日

調理時間
60分
栄養価 (1人分)
【小学校献立】
エネルギー      590kcal
たんぱく質      20.3g
脂質         22.9g
塩分         2.5g

北海道産昆布ご飯

材料 (4人分)
精白米      1.5合
麦        3g
塩        小さじ1/3
鶏肉(こま)   35g
人参(千切り)  50g
刻み昆布     10g
油揚げ(千切り) 25g
醤油       小さじ1
みりん      小さじ1/2
酒        小さじ1/2
サラダ油     小さじ1
つくり方

①フライパンに油をひき、鶏肉を炒めます。
②人参と油揚げを入れてさらに炒めます。
③醤油とみりん、酒で味をつけます。
④炊飯器に洗った米と、水、塩、③、昆布を入れて炊飯します。

ポイント

北海道名産の昆布のうまみたっぷりの炊き込みご飯です。

ゴマザンギ

材料 (4人分)
鶏肉(25g) 8切れ
醤油     大さじ2/3
酒      小さじ1
生姜     少々
にんにく   1片
片栗粉    大さじ2
卵      1/2個
ごま(白)  大さじ1
ごま(黒)  小さじ1/2
揚げ油    適量 
つくり方

①鶏肉に醤油、酒、おろし生姜、おろしにんにくを漬けます。
②溶き卵、片栗粉、ごまをいれてよく混ぜます。
③170℃の油でカラッと揚げます。

ポイント

北海道の名物ザンギに食感のよい胡麻をつけて揚げました。北海道では、唐揚げを「ザンギ」と呼び、鶏肉だけではなく、魚介類や野菜を使ったからあげもザンギと呼びます。しっかりとした味付けが特徴で、後を引く美味しさです。

じゃが芋のバター醬油煮

材料 (4人分)
じゃが芋(乱切り)  中2個
いんげん(1.5cm) 2本
バター        5g
塩          少々
胡椒         少々
つくり方

①いんげんをゆでておきます。
②鍋に水とじゃが芋を入れて竹串が通るまでゆでます。
③水を捨てていんげん、バター、塩、胡椒を入れて粉ふきいもを作るように炒めます。

ポイント

北海道名産のじゃが芋をバターで炒めました。じゃが芋のビタミンCは、ミカンと同じくらい多く含まれており、熱を通しても壊れにくい特徴があります。

石狩汁

材料 (4人分)
鮭        180g
酒(下味)    小さじ1
大根(いちょう) 80g
人参(いちょう) 30g
白菜(ざく切り) 65g
ねぎ(小口)   30g
味噌       30g
だし汁      400ml
つくり方

①鮭は酒をふってグリルで焼きます。
②だし汁をあたため、大根と人参を入れて柔らかくなるまで火を通します。
③白菜と鮭、味噌をいれて弱火で煮ます。

ポイント

北海道名物の石狩鍋をアレンジした汁です。石狩汁とは、産卵のために石狩川を遡上してくる鮭を、頭からしっぽまで一匹まるまる残すところなく味わうことができ、北海道の味を楽しむができる料理です。一度鮭を焼くことで香ばしさが増します。本場は、酒粕やジャガイモを入れて煮込んでいます。

作っているのはこんな人

竹原 紀子
管理栄養士
東京都出身
1982年生まれ
AB型

普段は中学校給食の栄養士を担当しています。
みなさんが毎日食事を楽しんでいただけるように、栄養バランスの良い給食レシピを開発しています。
この給食レシピにはご自宅でも作れるレシピをいっぱい掲載しているので、ぜひ試してみてくださいね。