\食欲アップ 中華給食/

2017年06月19日

調理時間
50分
栄養価 (1人分)
【中学校献立】エネルギー 795 kcalたんぱく質 29.7g脂質    21.3g塩分    3.3g

中華丼

材料 (4人分)
*ご飯*精白米        320g押し麦        30g水          490g  *あんかけ*豚こま肉      60g酒(肉下味)     小さじ1/6濃口醤油(肉下味)  小さじ1/6オイスターソース(肉下味)0.7g酒          小さじ1米ぬか油      小さじ1にんにく       2g生姜         2g人参(短冊切り)  60g干し椎茸(スライス)2g筍(短冊切り)    30gキャベツ(短冊切り)80g玉葱(短冊切り)  80g水(スープ)    360gとりがら(スープ)  25g(顆粒だし代用可能)塩 小さじ1/2黒こしょう     少々酒         小さじ1濃口醤油      大さじ1オイスターソース  小さじ1/3イカ        80gうずらの卵     80g片栗粉       18gごま油       小さじ1
つくり方

①米を洗い、水を入れて炊飯器で炊きます。
②鶏がらと水を煮込んでスープを作ります。
③肉に下味を付けておきます。
④鍋に米油を入れて熱し、しょうがとにんにくを香りが出るように炒めます。
⑤豚肉、椎茸、人参、筍、を炒め鶏がらスープを入れて煮込みます。
⑥キャベツ、イカ、を入れて火を通していきます。
⑥すべての食材に火が通ったら水溶き片栗粉でとろみを付けます。
⑦最後にごま油を回して完成です。

ポイント

学校で人気の献立です。
季節の野菜を取り入れてうまみたっぷりのスープに仕上げました。

揚げ春巻き

材料 (4人分)
米ぬか油(炒め用) 小さじ1生姜(みじん切り) 4g緑豆はるさめ    28g豚こま肉      80g玉葱(線切り)   120g干し椎茸(スライス )2.4gにら(4cm)    10g塩         小さじ1/6黒こしょう     少々三温糖       小さじ1濃口醤油      大さじ1/2オイスターソース  小さじ1片栗粉       12g春巻きの皮     4枚揚げ油       適量
つくり方

準備:干し椎茸を戻しておきます。
①春雨を戻して切り、茹でます。
②フライパンに油をひきあたため、しょうがを入れて香りを出します。
③豚肉、玉葱、椎茸、春雨、にらの順番で炒めていきます。
④塩、こしょう、三温糖、しょうゆ、オイスターソースで味をつけ、片栗粉でとろみを付けて冷まします。
⑤春巻きの皮で④の具を包みます。
⑥160~170度の油で、全体を返しながらきつね色になるように揚げます。

ポイント

パリッと揚げるコツ
・しっかり余白が無いように包みます。
・とろみを付けた具を少し冷ますことで、破裂を防ぎます。
・きつね色になるように全体をパリッと揚げよく油をきります。

きゅうりのピリ辛和え

材料 (4人分)
こまつな(3cm)   60gきゅうり(短冊)   60g人参(線切り)    40gわかめ        20gもやし        48gしょうが(みじん切り)0.8g葱(みじん切り)   8gにんにく(みじん切り)1.2g塩         小さじ1/6豆板醤        0.3gレモン汁       1.2g濃口醤油     大さじ1/2穀物酢       小さじ1ごま油       小さじ1/3
つくり方

①しょうが、葱、にんにく、塩、豆板醤、濃口醤油、穀物酢を入れて加熱します。
②レモン汁とごま油を入れて混ぜ冷やします。
③鍋に湯を沸かし、こまつな、にんじんを茹でて冷ましておきます。
④わかめは、塩抜きをして食べやすい大きさにきります。
⑤わかめ、人参、こまつな、きゅうりを冷やしておいたドレッシングで和えます。

ポイント

爽やかなレモン汁とピリ辛な豆板醤をアクセントにした、暑い時期にぴったりの和え物です。

作っているのはこんな人

竹原 紀子
管理栄養士
東京都出身
1982年生まれ
AB型

普段は中学校給食の栄養士を担当しています。
みなさんが毎日食事を楽しんでいただけるように、栄養バランスの良い給食レシピを開発しています。
この給食レシピにはご自宅でも作れるレシピをいっぱい掲載しているので、ぜひ試してみてくださいね。